遺言書作成を弁護士に依頼するメリット,デメリット

カテゴリ: その他

みなさんこんにちは!

 

今回は、前回に関連して、「遺言書作成を弁護士に依頼するメリット,デメリット」についてお話ししていこうと思います。

 

まず、遺言者作成を弁護士に依頼するメリット、デメリットは以下の通りです。

 

メリット

①信託銀行に依頼するより費用が安い
紛争予防に関するアドバイスを受けることができる
③弁護士を遺言執行者に選ぶことができる

 

デメリット

税金について詳しくない弁護士もいる
②相続開始後に事務所がなくなっている可能性

 

1 メリット
 ⑴ ①信託銀行に依頼するより費用が安い

 弁護士に,遺言書作成を依頼する場合,弁護士に支払う報酬としては,だいたい15万円から20万円程度になります。
 これは,前回お話した信託銀行に頼む場合と比べると,作成手数料に関して,非常に安いです。

 

 ⑵ ②紛争予防に関するアドバイスをうけることができる

 紛争予防に関するアドバイスを受けられるという点は,法律の専門家である弁護士に遺言書の作成を依頼する一番のメリットと言えます。
 遺言書は,作成しない場合よりも,作成しただけで紛争予防の効果があります。
 もっとも,遺言書の内容次第では,さらに相続人間の紛争を起こさないように予防することもできます。
 この紛争予防の観点から遺言書を作成するには,法律の知識だけでなく,実務経験も必要になります。
 そのため,弁護士に遺言書の作成を依頼すれば,紛争予防の観点も入れた遺言書の作成を行ってくれるでしょう。

 

 ⑶ ③弁護士を遺言執行者に選ぶことができる

 弁護士に遺言書作成を依頼した場合,あわせて遺言執行者になってくれる場合があります。
 遺言執行者とは,遺言書の内容を実現する人を言います。
 遺言執行者の具体的な業務内容としては,相続人全員への通知,遺言内容の開示,遺産目録の作成,不動産の名義変更,預貯金の解約,執行の報告などです。
 遺言執行者の業務を怠ってしまった場合,相続人から損害賠償請求が来る可能性もあり,遺言執行者は,極めて重大な責任を負っています。
 この遺言執行者について,あらかじめ弁護士を指定しておけば,遺言執行に関する重大な責任などを全て,弁護士に任せることができます。

 

2 デメリット
 ⑴ ①税金について詳しくない弁護士もいる

 弁護士の中には,税金,特に相続税に関して詳しくない先生がほとんどです。
 遺言書の書き方次第では,かなりの額の相続税を抑えることができたり,他の譲渡所得税等についても抑えることもできたりします。
 そのため,相続税や譲渡所得税等の税金を抑えたい方は,税理士にご相談されるか,もしくは,相続税や譲渡所得税に詳しい弁護士にご相談されることをおすすめします。

 

 ⑵ ②相続開始後に事務所がなくなっている可能性

 個人の弁護士事務所に遺言書の作成を依頼した場合,数年後には,その事務所がなくなっている可能性があります。
 これは,大手信託銀行に遺言書作成を依頼する場合には,ほとんど心配する必要がない事柄です。
 個人の弁護士事務所であれば,その先生が急病で倒れてしまった場合,遺言の執行や遺言書の内容の変更に関するアドバイス等が受けられなくなります。
 そのため,遺言書作成を弁護士事務所に依頼する場合は,それなりの規模の事務所に依頼することをおすすめします。

 

 このように,弁護士に遺言書作成を依頼するかどうかについても,上記メリット,デメリットを考慮して判断する必要があります。
 
 なお,弁護士事務所の中には,無料相談を行っているところもありますので,実際に,ご相談してみて依頼するかどうかを決めてみるのが良いでしょう。
 
 さて,次回は,最近特に質問が多かった内容として,「エンディングノートと遺言書の違い」についてお話していこうと思います。

 

 それではまた!

  
 

所在地

〒453-0015
愛知県名古屋市中村区
椿町14-13
ウエストポイント7F

0120-41-2403

お問合せ・アクセス・地図

お役立ちリンク

PageTop